まめやさいのブログ

yuu2life  作ったり 食べたり

サクラマスをさばいて調理保存。 肝も美味しくいただきます。

知り合いからサクラマスが届きました。驚!

うらやましいことに、数本釣れたのでおすそ分けしてくれたみたい。

感謝です。

 

サクラマスは、まさに今が旬の食材。

 

富山県では、ます寿司で有名ですね。

まだ食べたことがないので、今度機会があったら食べてみたいです。

 

▼早速三枚におろしていきましょう。

丸々として、立派なサクラマスです。

 

f:id:YUU2:20200429083326j:image
f:id:YUU2:20200429083333j:image

▲ハラスのところに横たわっているのが、ますこ。メスでした。


f:id:YUU2:20200429083336j:image


f:id:YUU2:20200429083340j:image

▲アラは、ぶつ切りにして味噌汁ですね。

いい出汁がでて、とても美味しいです。


f:id:YUU2:20200429083329j:image

▲直径10cmくらいのますこ。旨そう。

 

f:id:YUU2:20200429102323j:image

▲肝。美味しそう? 

美味しそうに見える人は、あまりいないでしょう。

僕は、その少ない一人です。(笑)

 

皮は子供たちが食べやすいように取ってます。

鮭よりも柔らかく切れやすいため、キレイに取るのは結構大変な作業です。

 

僕的には、鮭でも皮が一番美味しい部位と思ってるくらいなので、むしろ

取りたくないのですが・・・

 

今夜は、この身と肝をムニエルにしますよ。

 

f:id:YUU2:20200429102446j:image

▲塩コショウで、下味。

牛乳で、魚臭さをカット。

 

f:id:YUU2:20200429102905j:image

▲肝も塩コショウして、一緒にバター焼きにします。

 

f:id:YUU2:20200429103026j:image

f:id:YUU2:20200429103058j:image

▲肝のバターソテー。

早速、食してみます。

フワフワな食感で、少し魚特有のニオイはありますが、肝のコクがたまらなく良いです。

お酒のつまみに、最高!

 

f:id:YUU2:20200429103529j:image

▲たらこクチビル。(笑)

ではなくて、先程取り出したマスコの醤油漬け。

醤油と酒とみりんを軽く煮立たせ冷ましたタレに漬ける。

明日が食べ頃ですかね。

 

まだまだ、残ってるたくさんのサクラマスは短冊にして、ルイベ(刺身)用に冷凍します。

僕は、刺身で食べるのが一番好きですね。

 f:id:YUU2:20200429110904j:image

 

刺身で食べるには、24時間以上冷凍してから解凍して食べなければいけません。

 

サクラマスには、寄生虫のアニサキスがいることが多く、生のままアニサキスを食べると全身が腫れて痒くなり、一大事になります。

 実は、10年以上前に体験済み。今でもその時の辛さは、ハッキリと覚えています。笑

 

▼1cmくらいのアニサキス。クネクネと動いてます。

f:id:YUU2:20200429111326j:image

アニサキスは冷凍すれば、たいてい死にますが、

切り身にした時に、いるのがわかったら取り除きましょう。

 

死んでいれば食べても問題ないといわれています。

それでも、おなかを壊す人は稀にいるようです。

 

特に体調がすぐれない時に生魚を食べると腹痛の原因になることがあります。

これも体験済(笑)、みなさん気を付けましょう!

 

脂の乗ったサクラマス。ご馳走さまでした。

また、釣れたらおすそ分け願います。

 

それでは、また。